読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Optimized Storageの使い方

macOS 10.12 Sierraには古いファイルをiCloudへアップロードしたり

ゴミ箱の中で30日間が過ぎたファイル、非アクティブなファイル、

キャッシュファイル、ログファイルなどを自動的に削除することで

Macのストレージを最適化する「Optimized Storage」という機能が

搭載されています。

 

Optimized StorageをONにする方法

システム環境設定アプリから[iCloud]を選択、iCloudアカウントでサインイン。

システム環境設定の[iCloud] の [iCloud Drive]から [Macのストレージを最適化]を

ONにします。

Optimized Storageの「iCloudに保存」機能は写真やiTunesなどアプリと

連動しているためアプリの設定もします。

写真アプリを起動し環境設定から[iCloud]タブ の [iCloudフォトライブラリ]の

Macストレージを最適化」をONにします。

 

Optimized StorageをOFFにする方法

システム環境設定の[iCloud] の[iCloud Drive]から [Macのストレージを最適化]を

OFFにします。

写真アプリを起動し環境設定から[iCloud]タブ の [iCloudフォトライブラリ]の

Macストレージを最適化」をOFFにします。

  • ストレージを最適化

iTunesの環境設定から[詳細設定]タブを選択、「視聴済のムービーと

テレビ番組を自動的に削除」をOFFにします。

  • ゴミ箱を自動的に空にする

Finderの環境設定から[詳細]タブの 「30日後にゴミ箱から項目を削除」

オプションをOFFにします。