読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Appleの新しいファイルシステムAPFSについて

アップルは2016年6月13日に開催されたWorldwide Developers Conference 2016

にて、新しいファイルシステムApple File System(APFS)」を発表しました。

APFSは現在のアップル製品で使われているファイルシステム「HFS Plus」の

後継となるファイルシステムmacOSiOS 、watchOS、tvOSで利用できる

ファイルシステムです。APFSからの新機能はFlash StorageやSSD最適化、

64bit i-node番号のサポート(HFS Plusは32bit)、マルチスレッド対応

(HFS Plusはシングルスレッド)、暗号化機能、スナップショット、

ファイルとディレクトリのクローニング、Space Sharing(複数ファイル

システムの空き領域共有)、クラッシュ保護などです。

 

現在、2017年の導入を目指して開発中のAPFSですが、macOS Sierra 10.12.2

beta 5にはAPFSのプレリリース版が同梱されていて、diskutilコマンドを使って

利用することが可能になっています。

 

ちなみにHFS Plusは30年以上前のフロッピーディスク時代に作られた「HFS」

の改良版です。