読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Security Update 2016-001適用後の不具合について

Security Update 2016-001はアプリケーションにカーネル権限を取得され、

任意のコードを実行される脆弱性の修正を行うアップデートですが、

OS X 10.11.6 El CapitanにSecurity Update 2016-001を適用すると

Nvidia製のグラフィックカードを搭載する一部のMac Proにおいて

Webドライバが壊れるという不具合が発生しています。この不具合は

NvidiaのWebドライバに問題があるみたいです。Security Update 2016-001を

適用するとBuildナンバーが「15G31」から「15G1004」に変更されます。

対策としてはアップデートを適用する前にBuildナンバーが「15G1004」に

対応したWebドライバ「346.03.15f03」インストールしておきます。

これで不具合は発生しないはずです。

 

もしアップデートしてしまった場合の対処法は以下のサイトに掲載されています。

www.macvidcards.com