読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

macOS 10.12 Sierraの新機能と変更点について

2016年9月20日にmacOS Sierraがリリースされました。

バージョンナンバーは10.12でSierraという名前はカリフォルニア州にある

シエラネバダ山脈から付けられました。macOS 10.12からOSの名称が

OS X」から「macOS」に変更されました。リリースから1ヶ月過ぎたので

Sierraの新機能と変更点についてまとめみました。

 

  • 音声アシスタントSiriを搭載

Dock、メニューバー、キーボードショートカットから起動可能でiOSと同じ

機能の他にSiriの答えをドラッグ&ドロップ、またはコピー&ペーストで書類に

追加、Siriの答えを通知センターに貼りつけておける、ファイルを探す、設定の

調整、システム情報の確認などができます。

 

手元のデバイス上のアプリケーションの中でコピーした文章、画像、ビデオを

別のデバイス上の別のアプリケーションの中にペーストできます。

 

  • 自動ロック解除

Apple WatchMacに自動的にログインできます。

(パスワードを入力する必要は無い。)

 

Macのデスクトップ上にあるファイルにiPhoneから直接アクセスできます。
デスクトップ上と「書類」フォルダの中にあるすべてのファイルが自動的に

iCloudに保存され、iOSバイスはもちろん、ほかのMac上でもいつでも

アクセスできます。

 

  • Optimized Storage(ストレージの最適化)

古いファイルや利用していないファイルをiCloudへ保存、必要のないファイルを

削除することでディスクスペースを確保する機能です。

 

  • ピクチャ・イン・ピクチャ(PinP)機能

Safari 10やiTunes 12.5のビデオウインドウを好きな位置に移動できる機能です。

ウインドウの移動は[Command]キーを押しながら行います。

 

  • ディスクユーティリティ

RAID設定機能が復活、ストレージ内のコンテンツの種類(App、写真など)の

情報が非表示になりました。

 

セキュリティ機能強化のため、Gatekeeperのオプションから

「すべてのアプリケーションを許可」オプションが削除されました。

 

  • Finder

FinderにOptimized Storage、iCloud Driveの機能が追加。

「名前を並べ替えるときにフォルダを上部に表示」というオプションが追加。

ディレクトリパスを記録して再度使うオートコンプリート機能が追加。

アプリウィンドウの端をダブルクリックして、ダブルクリックした方だけ

最大化することができるようになりました。

サードパーティ製アプリのステータスメニューアイコンが好きな位置に移動

できるようになりました。

 

  • フォント

日本語フォント(8書体、11フォント)が追加されています。

以下は追加されたフォント一覧。

凸版文久ゴシック Pr6N R
凸版文久ゴシック Pr6N DB
凸版文久見出しゴシック StdN EB
凸版文久見出し明朝 StdN EB
凸版文久明朝 Pr6N R
游教科書体 ミディアム
游教科書体 ボールド
游教科書体 横用 ミディアム
游教科書体 横用 ボールド
游明朝体 エクストラボールド
游明朝体+36ポかな エクストラボールド

 

 

この他にインストーラーのサイズがEl Capitanと比較し約1GB縮小された

4.77GBとなっています。